>

乾燥が髪に良くない理由、ど〜んとご紹介します!

髪が乾燥すると髪の毛はどうなる?

髪が乾燥すると、髪の毛はどうなるのかご存じですか?まず思いつくのが、「パサパサになる」ではないでしょうか。

髪の中の水分が抜けているから、髪の毛はパサパサになっているというのは、おそらく多くの方が思いつくことでしょう。あと、「ゴワつき」と「切れ毛」もまだ乾燥が原因だということは理解しやすいことかもしれません。

なぜならば、髪が乾燥しているから「ゴワつき」を感じるのは、想像しやすいことですよね。また、「切れ毛」も、水分不足で髪の毛が弱くなっているから切れやすい、ということも、何となく話としては分かりやすいのではないでしょうか。

ただ、あまり思いつかないであろう意外な現象も、髪の乾燥が原因だと言われています。それは、「うねり」「抜け毛」です。

例えば「うねり」が、髪の水分不足が原因で起こるという事実は意外ですよね。また、髪の毛の乾燥が、「抜け毛」の原因になるのも、ある種衝撃ではないでしょうか。

髪の乾燥と頭皮について

髪の乾燥と頭皮にも大きな影響を与えます。例えば、空気が乾燥すると、皮膚がかゆくなったりしてきませんか。

それは髪の毛も同じで、髪が乾燥しているということは、髪の毛の中の水分が抜けているということであり、それは即ち、髪の毛が密集している頭皮の水分も不足していることになります。

すると、頭皮も体の皮膚の一部ですから、体の皮膚のように頭の皮膚の頭皮もかゆくなるわけです。かゆくなると当然、バリバリ掻いてしまいますよね?

すると、どうなるかと言えば、頭皮に傷がつきます。頭皮が傷つくと髪の毛の生えるサイクルが悪くなります。

また、顔の皮膚にニキビができる原因の一つが顔の皮膚の水分不足であるように、頭皮が乾燥するとフケが異常分泌します。

異常分泌フケは、頭皮の常在菌や雑菌と混じって異臭を放つのです。


この記事をシェアする